​石立鉄男 Wikipedia引用

石立 鉄男(いしだて てつお、1942年7月31日‐2007年6月1日)は、日本の俳優。所属事務所は其田事務所、鈴木とし江事務所、アクターズプロモーション、アンクルベイビーに所属していた。本名は同じ。

神奈川県横須賀市出身。家業は養鶏業[2]。横須賀市立池上中学校では、バスケットボール部に所属し大活躍。部員みんなで三浦高等学校へ進学を果たす。

高校卒業後、俳優座養成所第13期生、文学座座員を経て『おくさまは18歳』の主演に抜擢され、大ブレイクを果たす。

おもにテレビドラマにて、コミカルで人情味のある憎めない三枚目の役どころで持ち味を発揮。アフロヘアー・個性的な甲高い声・軽妙なセリフ回しで、キャラクターを視聴者に強く印象づけることに成功。特に1970年代を中心に主演として引っ張りだこで、『雑居時代』『水もれ甲介』『気まぐれ天使』などに出演。

その一方で山口崇、左時枝、小山田宗徳らとゲバラ財団という演劇グループを組み、毎週日曜日の夜に渋谷ジァン・ジァンで入場無料で公演を行っていた[3]

主演したドラマの中でも特筆すべきは『パパと呼ばないで』における杉田かおるのパパ役である。それほど視聴率は振るわなかったが、特徴的なセリフ(「おい、チー坊」)を竹中直人や柳沢慎吾らが物真似をしたことで再放送も行われることとなり、杉田とともに有名になった。

『赤いシリーズ』を筆頭に、大映テレビに欠かせない名脇役として、エリート役から憎まれ役までをカバーした。

晩年に収録されたラジオ番組のインタビュー[4]では、自分がコミカルな俳優として世間に認知されていることを認める一方、他人をけなしたり差別したりすることで笑いを取ることは一貫して否定してきたことを明かしている。